大阪で推拿(すいな)整体を学ぶ学校/NPO法人 日本推拿医学協会認定校


HOME  »  授業レポート  »  卒業レポート 癒しについて K.N

授業レポート

卒業レポート 癒しについて K.N

癒しとは何か?

人の体に触れる仕事に就き、初めは相手に結果が出ることだけを考えて接していた自分がいました。

自分の技術を磨くこと、知識を高めること。相手の内面"心"をあまり考えていなかったように思います。

行き詰った時に出会ったのが"ヒーリング"でした。本当の癒しとは何か?ということを知りました。

今まで知らない世界、自分とは関係のない世界、目に見えない世界・・・。最近では受け入れられるようになったほうだと思いますが、10年ほど前だと、まだまだ受け入れが難しいものでした。

しかし、現代病は、医学では解決できない症状が多くなり、世の中は、違う方面からそれを見るようになってきたように感じます。"外"の対応(技術や知識)も大切ですが、"内"の対応(心や魂)も同じくらい大切。人の手のぬくもりが相手を癒す・・・。それを必要とするのは、人と人とのコミュニケーションが薄くなってきたのだな、とも感じます。少し寂しい気もしますが、きっと、自分自身もその気薄になった"ぬくもり"を必要とし寂しいと感じたからこの仕事に就いたのだと思います。

人の体に触れ、相手を癒す・・・。ある程度の技術は必要だと思いますが、最終的にはその技術にどれだけ自分の心を乗せられるか、ということだと思います。

"心をこめる"とは?自分の状態がベストでないとこめられません。自分がハッピィーでないと出来ません。癒しは相手に対する前に、自分自身がまず癒されてないといけません。いつもこの状態をキープするのは難しいです。自分に素直になり無理をしないこと、自分自身への癒しを忘れないこと。この仕事を続ける私にとってとても大切なことです。

相手に"癒し"を感じてもらい、心と体がリセット出来るように・・・まだまだ勉強することがっぱいあります。まだまだ自分を知り癒すことも必要です。

これからも終わりのない"癒し"の仕事を深めていきたいと思います。

 tuina 411.jpg


授業レポート

臨床レポート I.T

臨床の意義①患者さんにとって必要なことを認識し、それを学び、活かすことができる...

詳細を見る…

臨床レポート I.Tの写真


生徒の声

祝★開業 細井伸夫さん

推拿整体マスターコースを履修、直営サロンにて臨床経験を積み開業。 職人を思わせる...

詳細を見る…

祝★開業 細井伸夫さんの写真


リンク

陽だまり推拿日記へ