大阪で推拿(すいな)整体を学ぶ学校/NPO法人 日本推拿医学協会認定校


HOME  »  授業レポート  »  臨床レポート H.H 2

授業レポート

臨床レポート H.H 2

課題

①技術面

・左右の手技の圧の違いがあります。基本的な滾法、揉法の差。

・矯正を行う時に緊張してしまいます。

・自分自身の痛めている手首、腰、膝をかばいながら手技を行っているので、いかに負担をかけずに施術ができるのか。

 

②知識面

・中医学と解剖学の関係。お客様にいかに分かりやすく説明ができるのか。

・自分が知らない病名や症状について。

 

臨床で感じた

①良い点

・整骨院やマッサージを受け慣れた方に、効果の違いを理解して頂き、知人をご紹介して来店されたこと。

・来店時は、目も合わせてくださらなかった方が、施術の途中でお話され、笑顔で帰られた時。

 

②悪い点

・身体を触られ慣れていない方への施術の組み立て方。こそばがられ、お客様の納得される施術が出来ませんでした。その後、授業の時に対処法を教えて頂き現在実行中です。

・症状に対しての施術法のトークの未熟さです。ワンパターンになってしまうので、老若男女に話を伝える難しさ。

 

まとめ

・技術と知識の向上はもちろんですが、一緒に学んでいる仲間とともに頑張っていきます。

tuina 411.jpg


授業レポート

臨床レポート I.T

臨床の意義①患者さんにとって必要なことを認識し、それを学び、活かすことができる...

詳細を見る…

臨床レポート I.Tの写真


生徒の声

祝★開業 細井伸夫さん

推拿整体マスターコースを履修、直営サロンにて臨床経験を積み開業。 職人を思わせる...

詳細を見る…

祝★開業 細井伸夫さんの写真


リンク

陽だまり推拿日記へ