大阪で推拿(すいな)整体を学ぶ学校/NPO法人 日本推拿医学協会認定校


HOME  »  推拿(すいな)整体・正骨法とは  »  推拿の適応症

推拿(すいな)整体・正骨法とは

推拿の適応症

shinetsusiki3.jpgのサムネイル画像

 
 

1)内科領域

頭痛、高血圧、半身不随、顔面神経麻痺、不眠症、眩暈、耳鳴り、虚労、狭心症、感冒、咳嗽、喘息、肺気腫、胆疝痛、嘔吐、胃痛、胃下垂、胃・十二指腸潰瘍、腸管癒着、腸炎、便秘、下痢、糖尿病、慢性肝炎、遺精、陽萎(インポテンツ)、閉尿、腎疝痛、慢性腎盂炎、リウマチ性関節炎、近視等。

 

2)整形外科領域

寝違い、頸椎症症候群、斜角筋症候群、ムチウチ損傷、下顎関節炎、肩関節周囲炎、五十肩、上腕骨外側上顆炎、橈骨茎状突起部腱鞘炎、手関節捻挫傷、弾発指、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、急性腰部捻挫傷、腰椎後方関節紊乱症、第三腰椎横突起症候群、恥骨結合分離症、仙腸関節捻挫傷、梨状筋損傷症候群、半月板損傷、膝蓋下脂肪体損傷、膝蓋骨軟骨病、膝関節の創傷性滑膜炎、アキレス腱周囲炎、急性踝関節捻挫傷、偏平足等。

 

3)外科領域

丹毒(流火)、多発性膿瘍(流注)、頸部リンパ節結核(瘰癧)、癰、急性乳腺炎(乳癰)、脱毛性毛?炎(髪際瘡)、閉塞性血栓性血管炎(脱疸)、霜焼け、凍瘡、急性結膜炎(火眼)、流涙症(迎風流涙)、急性扁桃腺炎(乳蛾)、失声症、ヒステリー球(梅核気)、歯痛等。

 

4)婦人科領域

生理不順、閉経、生理痛、子宮内膜症、功能性子宮出血、生理前緊張症、生理による身痛、生理による浮腫、生理による乳脹、生理による下痢、妊娠による咳嗽、妊娠による嘔吐、帯下、子煩、胎気上逆、妊娠による腰痛、妊娠による高血圧、妊娠による癇証、妊娠による下肢痙攣、妊娠による尿閉、妊娠による失声、胎位異常、出産後少乳汁分泌不足、出産後便秘、不妊症、盆腔炎、子宮下垂、陰吹、更年期症候群、老年生理復行、肥満等。

 

5)小児科領域

小児推拿治療は西洋医学的な理論の体系のもとで行うのではなく、目の前の患者が現在どのような病態であり、いかなる症状を呈しているかを見極めて、中医学理論により行われるものである。一般的には器質的変化の多い疾患、すなわち明らかに気形や腫瘍などが認められるもの、それらを正常状態に改善することは比較的期待が薄いが、それらにより二次的に引き起こされた痛み、不安などの症状は軽減されることが可能なケースが多い。なおかつ現代医学の治療効果の壁にぶつかった疾患に有効性を発揮した報告が多数である。

近代に発表された中国推拿文献によると、小児推拿の治療の可能性の高い疾患は約50挙げられている。

 

A.大いに小児推拿の効果が期待できるもの

呼吸器疾患・・・感冒、咳嗽、慢性気管支炎。

消化器疾患・・・複瀉、赤痢、便秘、厭食、疳積、佝僂病。

泌尿器疾患・・・遺尿、排尿困難。

耳鼻咽喉疾患・・・滞頤、馬牙、口瘡炎、吐乳、鼻衄。

眼疾患・・・斜視。

精神神経疾患・・・驚風、夜啼。

運動器疾患・・・筋性斜頸、橈骨頭亜脱臼、注射による臀筋攣縮症、分娩による腕神経麻痺。

その他・・・鉄欠乏性貧血、暑熱症(夏バテ)、新生児不啼、新生児不乳、発熱。

 

B.効果のよいこともあるもの

呼吸器疾患・・・喘息、麻疹、百日咳、おたふくかぜ。

消化器疾患・・・嘔吐、脱肛、腹痛、黄疸、腸梗塞。

泌尿器疾患・・・水腫。

耳鼻咽喉疾患・・・歯痛、滞頤。

眼疾患・・・近視。

精神神経疾患・・・てんかん、脳性麻痺、佝僂病、水頭症。

運動器疾患・・・足奇形。

その他・・・新生児破傷風、突発性発疹、蕁麻疹。

gogyou.jpg
 
 
shinseitai003.jpg

 

授業レポート

臨床レポート I.T

臨床の意義①患者さんにとって必要なことを認識し、それを学び、活かすことができる...

詳細を見る…

臨床レポート I.Tの写真


生徒の声

祝★開業 細井伸夫さん

推拿整体マスターコースを履修、直営サロンにて臨床経験を積み開業。 職人を思わせる...

詳細を見る…

祝★開業 細井伸夫さんの写真


リンク

陽だまり推拿日記へ